家を売るときにかかる税金について

家を買う時は、不動産という財産を手に入れたということで、税金がかかることは多くの人がご存知でしょう。しかし、家を売る時にも課税される可能性があることは意外と知られていません。どんな場合に課税されるのか、売却の前に知っておきましょう。
売却で税金が発生するケースとは、ズバリ売却によって大きな利益を出した場合です。例えば2千万円で買った不動産が1億円で売れたとすると、8千万円もの利益を得たことになります。この利益は所得とみなされるため、所得税や住民税がかかります。確定申告をして納税することになっており、申告しなければ脱税とみなされても文句は言えません。
買った時と同じくらいの値段、もしくは買った時よりも安い値段でしか売れなかった時は、税金はかかりません。買った時よりも高く売れるケースというのはそうそうありませんので、ほとんどの場合で課税されることはない、と思って良いでしょう。しかも、買った時より高く売れた場合にも、さまざまな控除が用意されており、実際に課税される人はほとんどいません。
課税される心配よりも、気を付けていただきたいのは、家の売却によって損をした時に受けられる所得税の還付の申告を忘れないことです。普通は買った時よりも安い値段でしか売れませんから、ほとんどの人が家の売却で損をすることになります。敷地面積やローン残高の有無、買い替えか売却のみかなど、条件によって受けられる還付が異なりますので、売却前に概要を見ておくことをおすすめします。
家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】はこちら